未分類

肝臓とアルコールの関係

肝臓とアルコールの関係

ビーチの酔っぱらいのイラスト

“アルコールと肝臓には深い関係性があります。ビールや日本酒に含まれるアルコールは、胃でおよそ20%が、小腸では80%が体内に吸収されます。吸収されたアルコールは血液によって肝臓まで運ばれます。肝臓では、ADH(アルコール脱水素酵素)やMEOS(ミクロソーム・エタノール酸化系)の力によってアセトアルデヒドという物質に変わります。

ですが、このアセトアルデヒドは、人の体には有害な物質であり飲酒をした後に赤ら顔になったり強い吐き気を感じるなど二日酔いの症状が出る原因でもあります。アセトアルデヒドをそのままにしていると、体には良くないのでさらに分解しなければいけません。そこでALDH(アルデヒド脱水素酵素)の力を使い、無害な酢酸に変わります。

酢酸は再び血液に溶け込み、全身を流れていきます。するとその過程で水と二酸化炭素となって体の外に排出されていきます。深酒をすると、体内に吸収されるアルコールの量が増えるため、一部しか分解ができません。そこで分解しきれなった分は血液に溶け込んで、全身を巡って再び肝臓に戻り分解されます。

ここで問題なのは、肝臓には他にも有毒な物質を無害にする解毒、栄養を分解して細胞が使えるようにする代謝、胆汁の生成と分泌といった役割があることです。いつもお酒を飲みすぎると、アルコールの分解で、他の役割を果たすことができなくなります。その結果として、脂肪肝からアルコール肝炎そして肝硬変といった病気になり、肝臓の機能が失われてしまう危険性があります。肝硬変も症状が進行すると細胞が壊死したりして命を落とすこともあるので注意しなければいけませんが、断酒も治療もせずにいると肝がんという危険な病気になります。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、異常が起きても自覚症状がなく重篤になりやすい場所です。肝臓とアルコールの関係を理解して、飲み過ぎがもたらす病気にならないよう適度な量の飲酒を心がけなければいけません。”